神棚のまつり方


神棚をおまつりする場所
神棚は、家の精神的中心になる神聖な場所です。清浄で静かな高い位置、また明るく家族が親しめるところに、南向き又は東向きでおまつりしましょう。
神棚の高さ、巾、奥行きは十分に注意する事が大事です。
神棚を取り付ける場所の上に、2階があって、人が歩いたりタンスや押入など物を置いたりする場合は、神棚を取り付けた場所の天井に「雲」を付けておきましょう。
「雲」の意味
本来なら、神様のお札をおまつりする上を、人が歩いたり、タンスや押入など物を置いたりすることは、神様に大変失礼にあたります。しかし、現在の住宅事情では、神棚の上に何もないようにするには、設計上大変制約されることになります。そこで、神棚の上に「雲」を貼り付けて、『この上には何もありません』ということにするのです。木彫りの物や紙に書いた物などありますので、ご相談下さい。
お供えするもの
原則として、毎日お供えする物・・・・1,お米 2,お水 3,お塩
原則として毎月1日と15日、又はお祭りの時などは、お酒や海の幸、山の幸などの初物をお供えします。
榊は、枯れないうちに取り替えます。造花の榊もありますが、できれば節目節目には本物をお供えした方がいいでしょう。
御神札のおさめ方
神棚は正面中央が上位で、ついで向かって右、次に向かって左となっています。ですから、一般には中央に伊勢大神宮さま(天照皇大神)、向かって右に氏神様、左にその他信仰する神社の御神札をおまつりします。
御神札を重ねておまつりする場合には、一番前に伊勢神宮さま、その奥に氏神様、次にその他信仰する神社の御神札という順におまつりします。
御神札は毎年新しくお受けします。元の古い御神札は、氏神様に納めます。
おまいりの作法
@まず、手や口を清めます。衣服・姿勢を正し、神前に進み出ます。
A軽くお辞儀をし、次に二拝(深く二度お辞儀)します。続いて神拝詞を奏上(思うままのことを心の中で祈念しても良い)します。
B二拝、二拍手、一拝した後、軽くお辞儀をして神前を退きます。
●神拝詞を奏上しない場合は、二拝、二拍手、一拝をします。
新築・増改築時のご注意
取付は、日本間・洋間クロス張り・コンクリート壁、いずれにも可能です。特に、クロス張りの場合は、事前に大工さんと取付場所を打ち合わせしていただければ、裏の補強等考慮していただけると思います。
最近は、灯籠など電気を使うものが多くなっています。事前に電気屋さんと打ち合わせをして、コンセントやスイッチ等を付けていただくと便利です。

その他、神棚に関するお問い合わせは、こちらまで→